おすすめの筋トレ方法を紹介ください。
ただ、勘違いしてはいけないのは、体の動かし方や姿勢が重要なのではなく、筋肉をいかなる状態にするかが大切です。
勿論、動かし方についても適当でいいわけではありませんが、体の中の筋肉がいかなる動きをしているかを意識することです。
また、体にかかる負荷の量がポイントです。
負荷は軽すぎても重すぎてもだめです。
具体的にどの部分の筋肉を鍛えたいかを考えて下さい。
その筋肉に敢然と負荷をかけます。
そうすると筋肉は膨らみ硬くなるでしょう。
その状態を継続していると、低酸素状態として、脳へ成長ホルモンを分泌させる信号が送られます。
その成長ホルモンによって、筋肉ができあがる仕組みだ。
したがって、おすすめの筋トレは適度な負荷を継続してかけておく状態を組み立てることです。
わかりやすい例としては、腕立て伏せを何回も繰り返すのではなく、腕を半分曲げた状態を継続することです。
無論、そこそこ我慢しなければ適度な負荷としてません。
成長ホルモンが分泌される状態を設けるのです。
そして、その後の食事だ。
ご飯などを食べても、一気に栄養として吸収されるわけではありませんから、プロテインが注目されることになります。
プロテインを飲むと、急速に体に吸収されて、筋肉の材料となります。
日頃から食事について、考えておくことは大切ですが、筋トレの最中の食事ではなく、夕食を敢然と考えておきましょう。
成長ホルモンが分泌された体は、栄養と共に休息を送る結果、筋肉を作り出します。
運動をした直後に筋肉が作られやるのではなく、夜の就寝時に作られると理解しておいて下さい。
胸板を太くる場合と、腕を分厚く始める場合では、筋トレのやり方は異なってきます。
特定の筋肉だけを厚くすることも可能です。
トレーニングジムには各種器具が置かれていますが、それを扱うことによって、いつの筋肉が使われているかを意識しなければなりません。
ダンベルによる筋トレも、いかなる姿勢で上げるかによって、選べる筋肉は違う。
鏡を見ながら、筋トレをすると非常にわかりやすいでしょう。
敢然と筋トレを通して、見違えるような体を作って下さい。www.kastelenteam.nl