マンションのトイレは、築15年経過したらリフォームを検討することをおすすめします。
それくらい経過すると、便器やタンクも変色したり、汚れや臭いも掃除しても消し辛くなったりしてきます。
これは、便器のふちや内側、便器と床の隙間などにこびり付いた汚れなどが原因です。
また、トイレ内の壁紙や床にも汚れや臭いが染み付いてしまっていることもあるので、トイレのリフォームをするのなら、トイレ全体を一新下さい。

しかし、「便器の汚れは気になるけど、いまだにリフォームまではしなくても良いかな」と考えている人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのが、汚れを付きにくくするための便器のコーティング加工だ。
便器にこびり付いた汚れをきれいにクリーニングして、表面にコーティング加工を施します。
所要時間は約120分で、費用も2万円以下でできますし、コーティング効果が約5年間保てるから、気軽に快適トイレを実現できます。

最新の便器は、便器のふちをなくしたデザインや表面を加工して、汚れが止まりづらくなっています。
また、使用する水を節水もらえるなど、トイレを快適で経済的に払えるようにしていただける。
中には、便器が自動で掃除を通してもらえるという大変際立つ便器もあります。
その便器は、洗剤を含めるポケットに洗剤を入れておくだけで、トイレによって押し出すたびに汚れを落とすことができ、ノズルの形状も掃除しやすいように考えられています。
一層、便器の素材も汚れをはじく効果があるので、使う人も掃除する人も有り難い機能が備わった便器として賑やかになっています。

また、トイレの手洗い場所がトイレタンクの上、というタイプを使っている人も多いでしょう。
それが、最新のシステムでは、給排水工事をすることなく、既存の給排水管として、手洗いを新しく設置することができます。
こんなシステムによって、リフォーム工事の手間も取り除くことができるようになりました。

ただし、マンションのトイレをリフォームする際は、便器選びに注意しないといけません。
なぜなら、マンションの構造により、トイレの排水が床下や便器の後ろなどさまざまな方向があり、排水管の高さもことなるので、それにより買える便器が違ってくるからです。
寸法の間違えや確認不足によって、便器が押し付けられなかったり、排水に問題が起きたりしてしまうので、リフォーム業者に敢然と見てもらい、構造上問題のない便器のタイプを提案してもらいましょう。

もう一度、換気扇の機能が正常に作動しているか、水漏れの箇所がないかなども、敢然と確認してもらいましょう。参照サイト