オフシーズンといわれる冬のキャンプは防寒対策が不可欠で、経験のない方にとってはハードルが厳しく感じられますが、思い切り準備をすれば初心者でも快適にできます。
装備をそろえて冬にしか味わえないアウトドアの魅力を堪能しましょう。

屋外で使用するヒーターでは、ユニフレームのハンディガスヒーターワーム2がおすすめです。
寒冷地もレギュラーガスが助かる冬のキャンプに頼もしいヒーターで、ボンベ1本でも選べるので便利です。

また、コールマンクイックヒーターは、重量が約400と小気味よいため女性でも簡単に片手で持ち運びができます。キャンプだけでなく、冬の屋外イベントにも大活躍間違いなしのヒーターだ。

アウトドアヒーターもおしゃれに決めたい方には、カリフォルニアパティオのカセットガスヒーターはいかがでしょうか。
レトロポップなデザインが魅力のカセットガスヒーターで、燃費がぐっすりカセットガスボンベ1本で約3時間使用することが可能です。これは低温ときの燃焼効率を引き上げるために、バーナーの熱がヒーター内の鉄板やガスのパイプをあたためる2つの機能を搭載しているからで、そのため、小型ながらパワフルで、気温の低い屋外も活躍する防寒グッズだ。

冬キャンプに欠かせない防寒グッズといえば焚き火台があります。
キャンパーから高い支持を得ていらっしゃるユニフレームのファイアグリルは、焼き網を標準装備していて手軽にバーベキューが楽しめます。ダッチオーブンにも対応できるほか、プレートなど別売りのオプションパーツが充実しているのも魅力です。足を開いてパーツを重ねるだけなのでセッティングも簡単で、パーツは炉の中に収納できコンパクトに持ち運べます。初心者でも揃え易いおすすめの1台だ。

また、スノーピークの焚き火台(M2-3人用)も、厚さ約1.5mmの頑丈なステンレス板を採用しているため焚き火の高火力にも敢然と持ち堪えうる製品で、約3.5kgと重量がありますが、その分リライアビリティがあって安全に使うことができます。
ワンタッチで設営・収納でき、折り畳むと薄くなるので収納時に場所を取りません。オプションパーツも充実しているので、焚き火料理を楽しみたい方にはおすすめです。赤ちゃんの便秘解消法はこれ