夏のあまりの暑さに、疲労が次々たまっていく人が多いかもしれません。
栄養ドリンクを毎日とにかく飲んだり、鰻を食べたりと、色々な対策を講じていると思いますが、鶏むね肉をその対策の中に添えるのはいかがでしょうか。
鶏のももではなく、むねだ。
そのむね肉が疲労回復に一心に効くのです。

どうして、鶏むね肉が疲労回復にそれほど効くのでしょうか。
それはむね肉には、イミダゾールジペプチドという成分が含まれていて、その成分が疲労回復によく効くのです。
イミダゾールペプチドには良い抗酸化作用があり、それが活性酸素を抑制し疲労を軽減していただける。
疲労というのは、肉体的な疲労もありますし、頭脳を使うことによる疲労もありますが、こういうイミダゾールジペプチドはこういう両方の疲れを取って受け取るものです。

人は無性に疲れていたり、ストレスがあると、疲れているのに眠れないということがよくあります。
そんな時にも、こういうイミダゾールジペプチドは自律神経を鎮めてくれる働きもあるので、素晴らしい睡眠が取り込めるようになります。
こういう可愛い睡眠は疲れを食べるためには、必須のものですから、毎晩すやすや寝付けるは、疲労回復にまったく役立ちます。

でもなんで、鶏のもも肉とかではなく、むね肉なのでしょうか。
それは毎年何万キロも遠くから渡って来る渡り鳥からも分かります。
こういう渡り鳥はどうしてこれだけの距離を渡ってこれるのでしょうか。
それは翼の付け根にイミダゾールジペプチドが沢山含まれているということが分かって来てあり、要するにバテルことなく飛び積み重ねることが出来るわけです。
こういうイミダゾールジペプチド、鶏の場合は、胸に豊富に含まれている事が分かっているので、むね肉を食べるといいに関してになるのです。

では、そのむね肉、どのように料理したら効率よく体に選べるのでしょうか。
それはスープとして飲むと良いのです。
なぜならイミダゾールペプチドは水溶性なので、スープとして、余すことなく飲みほすのが一番なのです。
作り方も全然難しい作り方はしないで大丈夫です。
お湯の中にむね肉を入れ、ねぎ、しょうが等と共にコトコト30分から1時間煮ればいいだけだ。
味付けも塩や醤油も良いですし、色々試してもいいかもしれません。
要するに30分以上ゆでるという点だ。
作りおきして冷凍も良いですし、やはりそのスープを2週間は続けてみましょう。参照サイト