糖質制限ダイエットに挑戦してある方は多いと思います。
今回は、糖質制限ダイエット中に本当に訪ねる停滞期のソリューションについてご紹介します。
・糖質制限ダイエットを終わりない
やっと順調に痩せてきたのに、何をどうしても痩せない停滞期がきます。ここで嫌になってダイエットをやめてしまう人は素晴らしく耳にしますよね。しかし、停滞期は体が飢餓状態でも生き抜くために人間に備わていらっしゃる機能によるものです。痩せてきた身体が飢餓状態に備えて省エネモードになっていることが原因なので、ここでやめてしまってはいけません。
・たんぱく質を数多く盗る
筋肉の材料はたんぱく質だ。糖質制限ダイエット中に炭水化物の容積が少ないと、糖の代わりに筋肉がガンガン分解されてしまい、基礎代謝まで低下する可能性があるので、基礎代謝アップのためにも敢然とタンパク質を取りましょう。
その際、できれば、大豆や卵、新鮮な肉や魚といった良質なたんぱく質を盗るようにしましょう。
・食事を切り落とし過ぎない
停滞期で体重が減らないからと言って、焦って食事量を燃やすのは危険です。それでなくても身体は気が状態になることを察知して省エネモードに移行して掛かる状態なのに、再び食事を減らせば、体は省エネモードを「弱」から「中」に、「中」から「強」としてしまう。そもそも、脂肪を燃焼させるにはある程度の栄養が必要ですから、食事量を極端に減らしてしまえば、燃焼することすらできなくなってしまう。
・いつもと違う運動をする
そもそも、運動で消費こなせるエネルギーは案外多くはないので、運動が好きな人以外は運動量を増やしても長続きしません。ですから、停滞期だからといって運動量を繰り返すことはおススメしませんが、たえずと違った運動をするのはいいでしょう。普段、有酸素運動を行っていた人が筋肉量を繰り返すのに最適な筋トレをすれば、基礎代謝がアップして停滞期を抜け出せるきっかけになるかもしれません。いつもと違った運動をするのは、変化があってモチベーション維持に役立ってもらえる。リラックスにもなり、停滞期のストレスも緩和してもらえる。
・チートデーを調べる
チートデートは、人間が備え持つホメオスタシスによる停滞期の脱出法だ。毎日だけ糖質を含む食事をたくさん取り、翌日からまた糖質制限を行う結果、身体に飢餓状態じゃないと思い込ませることによって停滞期を抜け出す方法だ。
このようなことを意識して糖質制限ダイエットを成功させて下さい。艶つや習慣の最安値販売店はこちら