腎臓病になると腎臓に手ような食事をしなければなりません。
つまりダイエットだ。
具体的にはタンパク質や塩分を抑えることになります。
こういうダイエットは腎臓病だけではなく糖尿病も同じ感じです。
ただ、腎臓病で注意しなければならない食事の内容はエネルギーとして消費繋がる炭水化物や脂肪は気にしなくていい点だ。
脂肪の撮り過ぎは病気になると言われていますが、腎臓にとってはめったに関係がないのです。
腎臓の役割は血液中の老廃物を集めて、尿として排出することです。
血液の流れが悪くなるような食事は遠退けなければなりませんが、炭水化物の撮り過ぎで太っても、腎臓病には影響しないと言えます
無論、度を越した食事であれば、腎臓以外のところに影響しますから、バランスを考えることが大切です。
腎臓病になると医師の指導によってダイエットをします。
それでもダメな場合には人工透析となってしまう。
どんどん腎臓の調子が悪くならないように気を付けた生活を送らなければなりません。
これまでの健康的な生活は無理だとして下さい。
好きな時に好きなものを取る生活だ。
腎臓が悪くなっても目立った自覚症状が出ないため、慢性の腎臓病になってしまう人が少なくありません。
腎臓が徐々に弱っていきます。
腎臓病から糖尿病を発症することもありますし、逆に糖尿病から腎臓病のパターンもあります。
つまり、慣習病の中の一つとして腎臓病を考えておくことが必要なのです。
このことは慣習を健全に保っておけば、腎臓病にも糖尿病にもならない体を作ることができることになります。
太っている人は少し体重を減らして、スリムになって下さい。
アルコールを呑み過ぎているからには、休肝日を作ることが大切です。
塩分の摂り過ぎや甘いものの摂り過ぎは、体に大きな負担をかけている。
自分の体でありながら、自分で大切にしていないのですから、いずれは病気になっても仕方ありません。
ただ、人工透析で毎日のように病院に行き、好きな食事も食することができなくなった生活が楽しいでしょうか。
今からでも遅くありません。
慣習を改めて下さい。
そして旨い食事を食べられることを喜んで下さい。http://www.hendriksengevelrenovatie.nl/