赤ちゃんであっても便秘をします。便やガスでお腹が張れば、気持ちが悪いのは赤ちゃんも大人も同じです。今回は、赤ちゃんの便秘対策として、綿棒浣腸のやり方をご紹介します。
綿棒浣腸は、その名の通り、綿棒において浣腸をするということです。こういう綿棒浣腸のやり方をご紹介していきますが、小児科の先生によってやり方が違ったりすることもあるので、ここのは参考程度に、かかりつけの先生のやり方で基本的には行ってください。
綿棒浣腸で準備するもの…
・大人用綿棒
・ワセリン、もしくはベビーオイルやオリーブオイル
・おむつ
・おしりふき
・新聞もしくはおむつ替えシート、ペット用シーツ
では、やり方をご紹介していきます。
1、大人用綿棒を準備します。赤ちゃん用の綿棒では綿球部分が小さくて刺激しにくいためです。すごく感じるかもしれませんが大丈夫なので安心してください。
2、先から1�pと2�pのところにしるしをつけます。(後ろから閉じ込めるときの目安に行う)
3、綿球にたっぷりのワセリンやオイルをつけます。(ワセリンがおすすめです。オイルより滑りが良くてつるっと入ります)
4、新聞紙などを下に敷き、おむつ替えの要領で赤ちゃんを仰向けとして、おむつをお尻の下に敷いた状態で赤ちゃんの足を持って曲げさせます。これは、「和式弁便所にしゃがみこんですときのイメージで身体に吸い寄せる」ようにということです。
腹圧がかけやすい姿勢となっています。両者いると固定するのが楽になります。曲げた膝を、頭側に回った人が固定ください。
6、綿棒を広く「の」の字を書くように、やさしくぐるっと回します。出し入れするだけでは刺激が足りないので、「の」の字で肛門の内側をぐるっとなぞるようなイメージで回してください。飽くまでやさしく、入れすぎず。力を入れすぎないように気をつけましょう。ひとたび綿棒を引っ張り出して、綿球の先にウンチがついていれば、すぐそこまで来ていますので、惜しくもウンチを待つか、時間をおいて再度したらいいです。
7、しばし増やすと、ウンチが肛門から顔を出します。おしりふきで拭き取るようにしながら肛門を小気味よく刺激して引き上げるともりもり出てきます。おむつからあふれんばかりの勢いで顕れるので注意が必要です。www.vivemedia.co.uk